どの言語が需要があるのか?

外国語を使った仕事に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。外国語を使う仕事にはさまざまな仕事があります。しかし、どの言語が最も需要が高いのかということを知りたい方も多いといえるでしょう。今から外国語を習得する場合、やはり最も仕事が多い言語を選びたいものです。

 

実は外国語を使った仕事でも、最も需要が高いのは英語となっています。最近では、中国人観光客が増えているということもありますし、さらにアジアの諸国が経済発展しているということもあり、アジアの新興国語、例えば、タイ語会話そして中国語会話などもある一定の需要があります。しかし、世界共通語である英語はまだまだ需要が高く、翻訳の現場でも、通訳の現場でもまずは英語が求められているといえるでしょう。

 

別の英語以外の言語が出来るにしても、英語が出来なければ、仕事が来ないことも多いです。つまり、英語を入り口として、さまざまな言語を習得することで、より仕事が広がるといえるでしょう。